Skip to content

早朝クルージング

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第50回

斎藤智

朝の日の出の中、ラッコは気持ちよさそうに海面を滑っていた。

「おはよう!」

時刻は、朝の6時過ぎ。

隆たち、夜のウォッチを先に担当していたグループが船内から起きてきた。

麻美たちのグループは、夏の朝もやの中、気持ちよさそうにヨットを操船していた。

舵を握っているのは、佳代だった。

船は伊豆大島の左側を走っていた。隆たちが、麻美たちと交代して船内に引っ込んだときは、ラッコは三浦半島の先っぽ、東京湾の出口付近を走っていたので、ずいぶんと外海に出てきたことになる。

「佳代ちゃん、すごいのよ!ずっと舵を持ってくれているの」

起きたばかりで、まだ眠たそうな隆に、麻美が言った。

「え、他の人は舵を取っていないのか?」

「ちゃんと取ったよ。雪ちゃんが30分ぐらいかな。私もそのぐらいは取ったかな」

あとは、全部、佳代が一人で操船を頑張っていたらしい。

「それじゃ、疲れただろう。代わってあげようか」

隆がコクピットに来て、佳代と舵を交代してあげようと声をかけた。

「まだ、ぜんぜん大丈夫だよ」

佳代は、隆の申し出を断って、しっかり舵を取っていた。

佳代は、もうすっかりベテランヨットマンだった。同じ時期にヨットを始めたほかのクルーたちよりも、一番年下でチビだったが、ほかのどの子よりもヨットの上達は早かった。

「それじゃ、朝ごはんを作ってこようかな」

麻美は、一人船内に入って、ギャレーで皆の分の朝ごはんを作り始めた。

航海中、揺れる船内での料理なので、朝ごはんは簡単に出来るものにしておこうと思って、パン食にした。目玉焼きとベーコンを焼いていると、デッキにいたルリ子と洋子が、その匂いに気づいて、麻美の食事の準備の手伝いをしようと船内に入って来てくれた。

「佳代ちゃんが外で舵を取っているし、朝ごはんは皆で外で食べましょうか」

麻美の発案で、隆と雪はデッキ上に大きなパラソルを2本開いて日陰を作り、コクピットにテーブルを広げた。

ルリ子がテーブルクロスを敷くと、麻美たちが出来上がったばかりの朝ごはんをテーブルの上に並べた。

「いただきます」

トラブル発生!

海は穏やかで、天気は快晴。

のんびりできる夏らしいクルージング日和だった。

朝の食事が終わると、隆、麻美、雪の30代おじさん、おばさん連中は、船首のデッキで、のんびりと寝転がって昼寝、いや朝寝を楽しんでいた。

佳代や洋子たち20代の若手連中は、コクピットで代わる代わるにステアリングを握って、操船している。

ラッコが目指しているのは、伊豆七島の三宅島。

御蔵島や八丈島を除いたら、伊豆七島の中で一番先、遠くの島だ。

まずは、一番先の三宅島に行ってから、式根島、新島、大島と少しずつ東京に近い方の島に立ち寄りながら、横浜に戻って来ようという計画なのだった。

海には波も一切無く、穏やかな海面をまったく揺れることなく、ヨットは走っていたので、隆たち、昼寝組は、午前中のほとんどをデッキで寝て過ごしてしまった。

コクピットで操船をしているグループも、風が無くて、セイリングができないため、ときどき交代でステアリングを握っているだけで、後は、日焼け防止のビーチパラソルの下のデッキチェアで、のんびり腰かけているだけだった。

午前中、あまり動いていないため、お昼をとっくに過ぎていたが、誰もそれほどお腹が空かずにいた。

「お昼ごはん、どうしようか?」

麻美は、デッキで目をつぶって寝転がった姿のまま、横に寝転がっているはずの隆に聞いた。

隆の向こう側のデッキには、いつの間にか、洋子も来ていて寝転がっていた。隆と洋子は、頭を少し持ち上げて、デッキ上のパイロットハウス前部の窓のところに寄りかかって、おしゃべりをしていた。

「お昼か。お腹どう?」

「ずっと寝転がっているだけだったから、そんなにお腹は空いていないけど」

洋子は、隆に聞かれて答えた。

「確かに。俺もぜんぜんお腹空いていないな」

二人は、麻美に言った。

「だからって、お昼食べないわけにはいかないでしょう」

麻美は、二人に言ったが、二人はぜんぜん立ち上がる気はなさそうだった。

「それじゃ、そうめんでも作ろうか」

麻美は、よいしょっと立ちあがって、船内のギャレーに向かった。

「佳代ちゃん、お昼のそうめんを煮ようか」

途中、コクピットのところに座っていた佳代と目が合ったので、麻美は、彼女に声をかけた。

麻美に声をかけられた佳代は、そうめんを作るのを手伝うために、笑顔で船内に駆け込んだ。

30代の麻美が、よいしょっと立ち上がったのに対して、20代の佳代は、さすがに若さだろうか、すぐに立ちあがっていた。

「私はサラダ作っているから、そうめんが茹であがるのを見ててくれる」

麻美と佳代が、ギャレーでお昼の料理をしていると、突然に無線が入った。

「ラッコさん、ラッコさん。聞こえますか?こちらはマリオネットです」

無線の相手は、マリオネットだった。

「はい。こちらはラッコです」

「こちら、エントラです」

麻美が無線に出ると、マリオネットが答えた。エントラとは、エンジントラブルのことだ。

何か事件が起こったようだった。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top