GIGAスクール構想でタブレット配布 「ゲーム三昧・ネット依存」を心配する親も

 GIGAスクール構想とは、一人一台端末と高速通信環境によって子どもたちに個別最適化・創造性を育む教育を実現させる施策のことだ。それにより、全国の小中学校の児童生徒に一人一台のパソコン・タブレット端末が配られている。既に活用・自宅に持ち帰ってきている家庭もある一方で、自治体によってはまだ届いていないところもある。GIGAスクール構想の実態と課題について、元小学校教員でICT教育に詳しいITジャーナリスト・成蹊大学客員教授の高橋暁子さんがレポートする。
(ニュース速報)