LINEを行政指導へ、閲覧問題で個人情報委 委託先への監督不備

 LINE(ライン)の利用者の個人情報が中国の関連会社から閲覧できた問題で、政府の個人情報保護委員会が同社を近く行政指導する方針を固めたことが22日、分かった。業務委託していた中国の関連会社に対する監督体制に不備があったと判断したもようだ。情報漏洩(ろうえい)などの明確な法律違反はなかったとし、より重い処分の是正勧告は見送る。
(ビジネスニュース)