Skip to content

小猿

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第91回

斎藤智

隆は、安心してキャビンから出てきた。

「麻美ちゃん、大丈夫そう?」

キャビンから出てきた隆に、洋子が心配そうに聞いた。

「ああ、今、寝たところだから、大丈夫だろう」

隆は、洋子に答えた。

隆が、キャビンの中で麻美の介抱をしている間に、船は、既に観音崎を越えて、その内側に来ていた。

ここまで来てしまえば、後は、猿島、八景島、横浜ベイサイドマリーナを横に見ながら、横浜マリーナに戻るだけだ。

「麻美ちゃんが、船酔いしたって聞いたら、なんか私まで船酔いしている気がしてきた」

ルリ子が言った。

「船酔いしそうだと思ったら、洋子と舵を代わってもらえば良いんだよ。舵を握っていると、操船に集中しているから、船酔いしているヒマがない、というか船酔いが治るから」

今は、雪から代わった洋子がステアリングを握っていた。

その洋子が、ルリ子に舵を握る?って聞きながら、ルリ子に舵を手渡した。

「うわ!なんかステアリングがすごく重い」

洋子から手渡されたステアリングを操作しながら、ルリ子が言った。

海が荒れていて、強い風が吹いているので、舵がけっこう重いのだ。

「洋子ちゃんって、こんな重い舵を握っていたの」

ルリ子は、洋子に驚いていた。

洋子は、皆の中で、一番ヨットの上達が早いみたいで、もうすっかりヨットの操船も、お手のものだった。

洋子ほど上手でなく、力もないルリ子は、船が左右に勝手に行かないように、必死でステアリングを握っていた。おかげで、ルリ子の船酔いは、すっかりどこかに行ってしまったようだった。

ルリ子は、必死に舵を取っているつもりなのだが、どうしても洋子や雪ほどに、うまく舵を取れずに、多少は船の揺れが大きくなってしまっていた。

その揺れで、ジブのセイルの形が崩れて、船首に止めてあったジブファーラーのロープが外れてしまった。

「あ、ロープが外れた!」

隆が叫んだ。

サイドデッキにいた雪や洋子が、船首に行って直そうとしたが、船の揺れが大きくうまく行けずにいた。

そんな中、佳代だけは、船がまるで全く揺れていないように、小柄な体でぴょんぴょんとデッキの上をとび跳ねながら、船首に行き、ファーラーロープを固定、しっかり直して戻って来た。

セイルのスカート

「あ、今度はジブセイルのスカートが、はみ出している」

佳代は、パイロットハウスの屋根の上をぴょんぴょんと跳ねながら、また船首に飛んで行って、ジブセイルのはみ出しを直していた。

「すごいな!まるで小猿のように身軽に飛んでいくな」

隆は、佳代の身軽さに驚いていた。

またジブセイルのスカートがはみ出していた。

「佳代。スカートが、はみ出しているから直してきてよ」

佳代は、隆に言われて、ぴょんぴょんとパイロットハウスの屋根の上を飛び跳ねながら、船首に走って行った。

船首に着くと、ジブセイルのスカートを直した。

スカートといっても、別にヨットがスカートを着用しているわけではない。ジブセイルのスカートとは、セイルの下端のライフラインからはみ出している部分のことだ。

ヨットには、乗員が船から海に落ちないように、船体の周囲が金属製の細いロープで覆われている。

このロープが覆われているために、乗員は、そのロープに捕まったり、体を支えてもらったりして、船からの落水を防止しているのだ。このロープのことをライフラインと呼んでいる。

ジブセイルは、マストの前端、船首に張るセイルのことだ。

ジブセイルを引きこむと、ちょうどセイルの下端が、ライフラインのロープとぶつかってしまい、うまく引きこめないときがある。

引きこめなかったセイルの下端は、ロープの外側に、まるで風に吹かれるスカートの裾のように、ひらひらとしている。

それでヨットマンたちは、そのことをセイルのスカートと呼んでいるのだった。

スカートが、はみ出していると、見た目も悪いし、セイルがきれいに孕まないので、

「佳代。スカートが、はみ出しているから直してきてよ」

ということになるのだ。

そうすると佳代は、ライフラインに掛っているセイルのスカート、ひらひらを上に引っ張り上げてから、船体の内側に引き込むのだった。

レース艇などの場合は、このスカートがはみ出していることで、セイリングのスピード、レースに影響するので、どんなに風が強くて、吹いていても、クルーが船首に行き、スカートを直してくる。

だが、

クルージング艇などの場合、スカートがはみ出しているのは、わかっているのだが、風も強いし、船首に行くのは危険だし、面倒なので、あきらめてはみ出したまま走らせてしまうヨットも多かった。

ラッコも、隆が麻美と二人だけでセイリングしていた頃は、よくそのままにしていた。

でも、今は、佳代がいてくれるので、セイルが引っ掛かると、佳代が飛んでいって、すぐに直してきてくれるように、なっていた。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top