Skip to content

マリオネットの新人クルーたち

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第149回

斎藤智

麻美は、パイロットハウスの窓から顔を出して、隣りのヨットにいる雪を呼んだ。

「雪ちゃん、お昼出来たよ!」

「はーい」

隣りのヨット、暁でニューセイルを見せてもらって、最新艤装のグッズを説明してもらっていた雪は、返事した。

「なんだか、お母ちゃんみたいだね」

暁の望月さんが、窓から顔を出している麻美に向かって笑顔で言った。

「え」

「そこから、顔を出して、外にいる子どもに、ごはんだよって声をかけているお母さんみたい」

「そうかな。ラッコの皆からもよく言われます」

麻美は、ちょっと照れながら望月さんに答えた。

雪がキャビンの中に戻って来て、ラッコのサロンではお昼の食事になった。

「雪の分のスパゲッティあるよ」

雪の腰かけた目の前のテーブルにスパゲッティのお皿がやって来た。

「それじゃ、食べようか」

「いただきます」

皆が、食事をし始めると、パイロットハウスの入り口のドアが開いて、ばたばたと人が入って来た。

マリオネットの中野さんたちだった。

「こっちで皆と食べようと思って」

中野さんは、持ってきた釜めしの入っているお鍋の中を見せながら言った。

「どうぞ、どうぞ」

麻美は、マリオネットの乗組員たちに空いている席をすすめた。

中野さんは、麻美にすすめられた席に座りながら、自分の連れてきたクルーたちを紹介した。

前に保田に行ったときに一緒だった馬渕さんと、ほかに6人ほどクルーがいた。

「すごい、いっぱいいますね」

隆は、彼らを一人ずつ見て言った。

「6人とも、先週からヨットに乗るようになったばかりなんだけどね」

6人とも皆、横浜マリーナのヨット教室の参加者たちだった。

皆、マリオネットに振り分けられた生徒さんだ。

「あら、じゃ、香織ちゃんと同じじゃない」

麻美が言った。

「ずいぶん、たくさん生徒さんを取ったんですね」

隆は驚いていた。

横浜マリーナのヨット教室は、だいたい一艇に多いところでも4人ぐらいまで振り分けられている。

それが今年のヨット教室は、マリオネットには6名も振り分けられたようだ。

男性4名、女性2名だった。

「マリオネットは、連休とかには、よく一緒にクルージングに行ったりしているヨットなんだよ」

隆は、香織にマリオネットのことを紹介した。

香織は、自分と同じヨット教室同期の生徒さんがたくさん乗っているし、お友だちになれるかなって思った。

新しいマリオネットの女性クルー2名のうち、一人は麻美よりも少し年上ぐらい、もう一人は、香織と同い年ぐらいの女性だった。

香織と同い年ぐらいの子は、美幸という名前だった。

マリオの美幸ちゃん

お昼の食事を終えて、皆はキャビンの中でのんびりしていた。

「ええ、もう舫い結びを結べるようになったんですか?」

美幸は、驚いた声を出した。

自分と同じに、横浜マリーナのヨット教室で先週からヨットを始めたばかりだという香織が、ラッコのキャビンにあった短いロープを使って、さっと舫い結びをしてしまったのを見て驚いていたのだった。

「私なんて、先週の教えてもらっているときでさえ、一度もまともに結べたことなかったよ」

美幸は言った。

「そうなのー」

「うん。なんかうまく結んでいるつもりなのに、きゅって縛ると、結び目がぜんぶ取れて一本のロープに戻ってしまうのだもの」

香織は、少し悲しそうに言った。

「先週、あそこでお皿を洗っているおばさんに教えてもらわなかったのか?」

隆は、ギャレーの麻美を指さしながら言った。

「え?」

「あのおばさん、先週の講義のときに、教室で生徒さんたちにロープの結び方を教えていたらしいぞ」

「ぜんぜん気づかなかった。私の周りにいた先生って、男の人ばかりだったもの」

美幸が答えた。

「私、ずっと麻美ちゃんと一緒で教えてもらっていたよ」

練習用の短いロープをいじりながら、香織が言った。

その香織の持っていたロープを、隆は手に取ると、そのロープをサロンのテーブルの脚にひっかけた。

「よし、舫いを結んでみようか」

隆は、そのロープを美幸の手に渡した。

美幸は、隆からロープを受け取ると、舫いを結ぼうとしていた。

途中までうまく結べているつもりだったのだが、ぎゅっと縛りこむと結び目が解けて、一本のロープに戻ってしまっていた。

「それでは結べないよ」

隆は、美幸の手を取ると、一緒にロープを持って、舫いを結んでみせてあげた。

何回か結ぶと、美幸も一人で舫いを結べるようになっていた。

「美幸ちゃんも結べるようになったよ」

洗い物を終えて、エプロンを外した麻美が香織の側に来ると、香織に話しかけられた。

「そうなの。もうばっちし結べるようになった?」

「はい!」

美幸は、麻美にロープを結んでみせた。

「あら、上手じゃない」

麻美は、美幸の結んだロープを見て言った。

「それじゃ、こういう結び方はできる?」

麻美は、舫いではなく別の結び方を美幸に教えた。

「え、なに?その結び方は私もまだ知らない」

香織も、麻美の横に来て、ロープの結び方を真剣に教えてもらっていた。

二人とも、けっこう覚えはいいほうで、すぐに結べるようになっていた。

「そういえば、さっき誰がおばさんですって」

二人が結んでいるのを見ながら、麻美は隆に話しかけた。

さっき、隆が洗い物をしている麻美のことをおばさんと呼んでいたのが、聞こえていたみたいだ。

「30過ぎたら、もう皆おばさんだよ」

隆が言ったので

「まあ、ひどい。別にいいけど、どうせおばさんだから。ね、隆おじさん」

隆は、麻美に言い返されていた。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top