Skip to content

人気者・ルリ子

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第81回

斎藤智

洋子たちラッコのクルーは、キャビンでお昼の食事をしていた。

食事を終えて、女子会のおしゃべりも一段落したので、皆は、船を降りて、食後の運動を兼ねて、マリーナ内をぶらぶら散策していた。

「こんにちは」

ルリ子は、すれ違ったマリーナのスタッフに挨拶をした。

陽気で、誰とでもすぐに仲良しになってしまうルリ子は、マリーナのスタッフとも、すっかり顔見知りになってしまっていた。

そのスタッフは、普段、艇庫の中に保管してある32フィートのパワーボートを表に出して、エンジン部分の塗装を塗りなおしていた。

「ラッコさんは、まだ新しいから、塗り直す必要ないでしょう」

マリーナのスタッフは、ルリ子に言った。

「うん。うちのは、エンジンのところ、まだまだ綺麗。だいたい、どのぐらいで、そうやって塗り直すようになるの?」

「そうだね。オーナーにもよるけど、だいたい一年ぐらい置きで、少しずつ塗り直すようにしてあげると、船が長持ちするようになるよ」

「そうか。じゃ、うちも来年ぐらいに、塗ってもらうのかな」

ルリ子が、スタッフに言うと

「うん。パワーボートのオーナーさんは、うちらマリーナのスタッフに頼まれる方が多いけど、ヨットのオーナーさんの場合は、自分たちで塗る人が多いかな」

「そうなの?ラッコは、どうするんだろう」

「隆さんも、クルー皆と自分たちで塗るんじゃないかな。隆さんが、クルー時代に、マリオネットに乗っていた頃も、よくマリーナの作業船台に乗せて、自分たちで塗っていたよ」

「ええ、隆さんって、マリオネットに乗っていたんですか?」

「ああ、そうだよ。マリオネットで出かけて帰ってきた後、よく他の当時のマリオネットのクルーたちとマリーナ内をはしゃいでいたよ」

「そうなんだ」

ルリ子は、スタッフから隆のクルー時代の話を聞いてしまった。

「ルリちゃん、行くよ」

ルリ子は、いつの間にかポンツーンのほうに移動していた洋子に呼ばれた。ポンツーンに行くと、皆は、海に浮かんでいるクラゲを眺めていた。

「お、ルリ子!元気しているか?」

船台の上に乗っているヨット・ポセイドンのデッキ上から顔を出して、見下ろしていたオーナーの田村さんに、上から声をかけられた。

「あ、こんにちは。お久しぶりです」

ルリ子は、上を見上げて、田村さんに返事をした。

「そうだね。本当、久しぶりにヨットに来たよ。ルリ子は、ヨットはよく来ているのか?」

「私?私は、ヨット教室で初めて来て以来、毎週日曜は必ずここに来ていますよ」

「そうか、すごいな。皆勤賞か」

田村は、ルリ子に言うと、キャビンの中に入ってしまった。

「ルリちゃん、すごいね。マリーナじゅうの皆に声かけられるじゃない」

洋子が、ルリ子に言った。

落第点

横浜マリーナのポンツーンに船が入って来た。

ルリ子や洋子が、ポンツーンの隅で、クラゲをバケツですくったりして遊んでいると、セイリングに出ていたヨットが戻って来た。

戻って来たヨットは、望月さんの暁だった。

暁は、36フィートのレース艇だ。

いつも、たくさんの若い男性クルーを乗せて、海に出ては、ヨットレースの練習をしている。

「おーい!舫いを取ってくれ」

コクピットでティラーを握って、舵を取っている望月さんが、ポンツーンでヒマそうにしていたルリ子たちに声をかけてきた。

ルリ子は、クラゲの入ったバケツを佳代と抱えていたので、洋子がポンツーンに走って行った。

入港してきた暁の船首にいたクルーが、手に持っている舫いロープを、洋子に向かって投げた。

洋子は、そのロープを受け取ると、ポンツーンのはじに付いているクリートに結んだ。

洋子の後ろから走って来た雪に、暁の船尾にいたクルーが、後ろ側の舫いロープを投げて渡した。雪も、舫いロープを受け取ると、後ろ側のクリートにロープを引っかけて、手に持っていた。

「早く舫いロープを結んでくれ」

雪は、コクピットにいる望月さんに言われたが、うまくもやい結びが出来ずにいた。

もやい結びが出来ません、

って望月さんに返事するのが恥ずかしかった雪は、しばらくロープを握ったまま、おろおろしていた。

「ルリちゃん、結んで!」

もやい結びが出来ずにあきらめた雪は、後からやって来たルリ子に、受け取った舫いロープを渡した。

雪から舫いロープを受け取ったルリ子は、いったんクリートにロープを一回り結び付けると、もやい結びを結ぼうとした。

が、

ルリ子も、まだもやい結びの結び方を完璧に出来るようには、なっていなかった。

「もやい結びって、どうやるんだっけ?」

陽気な性格のルリ子は、明るい笑顔で微笑みながら、暁の男性クルーに聞いた。

暁の若い男性クルーは、ルリ子から舫いロープを受け取ると、もやい結びを実演してみせながら、ルリ子に一所懸命教えてくれた。

「え、こっちを通してから、ここに入れるの?」

ルリ子は、暁の若い男性クルーに、手取り足とりで、もやいの結び方を教えてもらった。

「まだ、舫いも結べないのか?これは、隆君に言って、ヨット教室の卒業はさせられないな」

ルリ子は、望月さんに言われてしまっていた。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top