Skip to content

快晴のクルージング

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第217回

斎藤智

「今日は、お天気が気持ちいいね」

「連休の最終日になって、やっと快晴だね」

ラッコのデッキ上で皆は、話していた。

今朝、ラッコ、マリオネット、ドラゴンフライの三艇は、船の中で一泊していた三崎港を朝早くに出航すると、横浜マリーナを目指してセーリングしていた。

三艇とも、横浜マリーナに上架保管しているヨットだ。

連休最終日ということもあって、明日からは仕事なので、その前に母港に戻って、明日の仕事に備えようというのだ。

きょうの天気は、快晴。

波もなく、そこそこの風でヨットは、順調に、横浜マリーナを目指して走っていた。

「ああ、戻ったら、明日から会社だね」

ルリ子が言った。

「最後のクルージング日だから、思い切り楽しまなくちゃ!」

香織も言った。

「まあ、でも、来月の初めになったら、もっと遠くに長い期間、クルージングに行けるじゃん」

洋子が言った。

「そうだよね。来月は夏休みのロングクルージングがあるものね」

「ロングクルージングってどこ行くの?」

今年から初めて横浜マリーナのヨット教室で、ラッコのヨットに乗り始めた香織が聞いた。

「伊豆七島」

「伊豆大島とか新島、式根島とか伊豆の島々を巡るんだよ」

皆は、香織に説明した。

「なんか楽しそう!楽しみ♪」

香織は、皆から聞いて笑顔になった。

「大きなアクビ」

隆は、麻美がアクビしているのを見つけて言った。

「あ、ばれた?」

麻美は、隆に見つかって、苦笑した。

「あれでしょ、昨日の夜も、またぜんぜん寝ていないんでしょ」

「うん。皆、お酒強いよね。それにパワフル」

麻美は、隆に言われて答えた。

昨晩も、宴会は夜遅くまで続いたようだ。

「寝てくればいいじゃん」

隆は、麻美に提案した。

「だって、こんなに気持ちいいのに、寝たらもったいないじゃない」

麻美は答えた。

「雪ちゃんは、眠くないの?」

麻美は、自分と一緒に夜遅くまで宴会に参加していた雪に聞いた。

「私?ぜんぜん平気!」

雪は答えた。

「若さかな?雪ちゃんもパワフル」

麻美が言うと、

「ええ、麻美ちゃんって、雪ちゃんと同い年でしょ」

「そ、そうだったわね」

麻美は、佳代に言われて笑った。

「やっぱ、少し眠いから、デッキの前に行って寝てこようかな?」

麻美は、タオルケットを持って、デッキの前部に移動して、そこにタオルケットを敷いて横になった。

麻美が寝転がると、横に佳代もやって来た。

「どうしたの?」

「横で一緒に寝ようかなって思って」

佳代は、麻美の横で寝転がった。

「ここ、お出で」

麻美は、自分の敷いているタオルケットを広げて、佳代のことを、そこに一緒に寝かせた。

お帰りなさい

「なつかしい」

ラッコが、横浜マリーナ前の海面まで戻ってくると、ステアリングを握っていた洋子が口にした。

「久しぶりに戻って来たものね」

「久しぶりって、たった3日だけじゃない」

二人の会話を聞いて、麻美は思わずクスッと笑ってしまっていた。

「一回、そこのビジターバースのポンツーンに停めようか」

隆が、横浜マリーナの前に付いているポンツーンを指さして言った。

「そこで、荷物とか降ろす方法が、降ろしやすいものね」

ラッコは、クレーンで上架する前に、いったんポンツーンに横抱きして、そこで片付けをすることになった。

ラッコがポンツーンに停め終わると、その脇を通り過ぎて、ドラゴンフライとマリオネットが大型クレーンにドック入りした。

二艇は、先に横浜マリーナのスタッフにクレーンで上架してもらい、自分たちの艇庫に入れてもらった後で、艇庫の中で帰りのお片付けをするようだ。

「これは、腐るものでもないし、今度の夏休みのクルージングのときにでも食べれるように、ここにしまっておこうか」

ルリ子とキャビンのキッチン周りを片付けていた麻美が言った。

ポンツーン脇のシンクで、食べ終わったお皿とかを洗い終わって、隆たちが、バケツにいっぱいの食器を持って、戻ってきた。

「置いておいて、あとは、私たちで拭いてから、片付けておくから」

麻美に言われて、隆と洋子たちは、デッキに出て、ラッコを操船してポンツーンを離れ、横浜マリーナの大型クレーンにドック入りした。

横浜マリーナのスタッフたちが、大型クレーンを操作して、今度はラッコを上架して、ラッコの艇庫に入れた。

皆は、艇庫のラッコの扉を閉めて、荷物を持って、家に帰るためにマリーナ付属の駐車場に移動した。

「ああ~、おもしろかった」

「早く、またクルージングに行きたいね」

皆の頭の中は、早くも次のクルージング、伊豆七島のことで頭がいっぱいだった。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top