Skip to content

横浜へ

1本を読もう

2本を読もう

3本を読もう

4本を読もう

5本を読もう

6本を読もう

7本を読もう

8本を読もう

9本を読もう

10本を読もう

11本を読もう

12本を読もう

13本を読もう

14本を読もう

15本を読もう

16本を読もう

17本を読もう

18本を読もう

19本を読もう

20本を読もう

21本を読もう

22本を読もう

23本を読もう

24本を読もう

25本を読もう

26本を読もう

27本を読もう

28本を読もう

29本を読もう

30本を読もう

この度、横浜マリーナ会員の斎藤智さんが本誌「セーラーズブルー」にてヨットを題材にした小説を連載することとなりました。

クルージング教室物語

第78回

斎藤智

昨日は、遅くまでヨットで飲んでいたので、隆は、まだ眠そうだった。

遅くまで飲んでいたからというよりも、朝起きた時間が、まだ5時というのもあったかもしれない。

波浮から直接、横浜を目指すよりは、岡田から横浜のルートのほうが距離が短くなるとはいえ、出来るだけ、早く出航したほうが、それだけ早く横浜マリーナに戻れ、家に帰れれば、明日の仕事に備えて、ゆっくりできる。

「また、朝ごはんは、出航してからにしようか?」

麻美は、隆の頭の寝ぐせをブラシで直してあげながら聞いた。

隆は、麻美の質問に黙って頷いていた。

「出航の準備できたから、いつでも出発できるよ」

デッキから船内に戻って来た洋子が、隆に報告した。

洋子は、皆よりも少し早めに目が覚めてしまったので、先に起きて、セイルの準備など、いつでも出航できるように準備していたのだった。

「それじゃ、出航しようか」

隆は、自分の髪をとかしてくれていた麻美のブラシの手を止めさせて、洋子とデッキに出た。

「麻美ちゃんが、隆さんの髪をとかしてあげていたの?」

「ヒューヒューだからよね」

麻美より先に、ルリ子が、指で口笛を吹くマネをしながら、雪の質問に答えていた。

「っていうか、隆の寝ぐせが、あんまりにもひどかったからね」

麻美は、ルリ子にからかわれて、少し恥ずかしそうにしながらも、照れながら嬉しそうに答えた。

「ルリちゃんの髪もとかしてあげようか」

髪をとかしていた隆が、デッキに出て行ってしまって、手持ちぶさたになった麻美は、手にしていたブラシで、今度は、ルリ子の長い髪をとかし始めた。

ルリ子の髪は、肩の下辺りまで伸びているので、とかしがいがあった。

「ありがとう」

髪をとかしてもらえて、気持ち良さそうにしながら、ルリ子は麻美に言った。

後ろから、麻美に髪をとかしてもらいながら、ルリ子は、ギャレーで朝ごはんのフレンチトーストを焼いていた。

「あ、動いた。出航したね」

船が揺れて、体のバランスを失った麻美は、ルリ子の背中に手を捕まりながら言った。

ラッコは、マリオネットや海王と共に、横浜、横浜マリーナを目指して岡田港を出港していた。

東京湾のイルカ

港を出ると、すぐ目の前に東京、三浦半島が見えていた。

「もう、横浜も近いね」

佳代が言った。

波浮の港を出ると、まずは大島をぐるっと周ってから、東京方面を目指す。大島を周ってからも、しばらくは真横に大島を見ながら、ずっと島と一緒に走らなければならなかった。

それが、岡田港ならば、港を出てすぐに、三浦半島が見えている。

いや、港を出る前から三浦半島は見えているかもしれなかった。

「三浦半島は、見えているけど、まだまだ、あそこまで到達するまでには、けっこうかかるよ」

隆は、笑いながら佳代の言葉に返事をした。

それでも、目の前に行き先が見えているというのは、気分的には楽だった。

「出航のほうは落ち着いた?落ち着いたら、中で食事にしましょう」

朝ごはんの支度が終わった麻美が、船内からデッキの皆に声をかける。

デッキで操船をしていた皆は、ぞろぞろと船内に集まって来た。

パイロットハウスのサロンには、ルリ子の焼いたフレンチトーストがお皿に盛られていた。ティーカップには、紅茶も添えられていた。

「いただきます!」

皆は、一斉に席について食事を始める。

佳代だけは、パイロットハウスの操船席で、ステアリングを握りながらの食事だった。

数時間、走って、ヨットはようやく東京湾の入り口にさしかかっていた。

「おお!ルリ子、右のほうをみてごらん!」

洋子と並んで、船首デッキ上で昼寝をしていた隆が、起き上がって、船尾のコクピットにいるルリ子に向かって叫んだ。

「え、なに?」

ルリ子は、隆に言われて、慌てて船の右方向の海面を見た。

その先の海面に何かがいるみたいで、白波がおきていた。

「何、あれ?」

ルリ子は、一生懸命に目をこらして海面を見つめた。

「イルカだよ」

隆は言った。

その声に、隣りで寝ていた洋子も起き上がって、そっちの海面を見た。たくさんのイルカが群れで飛び回っていたのだった。

「え、本当に、あれってイルカなの?」

近眼で目の悪いルリ子は、まだ一生懸命、沖の海面を探していた。

東京湾にイルカがいるというのも、ルリ子には信じられなかったのだ。

そんなルリ子に挨拶をしに来てくれたかのように、イルカたちは、ラッコを見つけると、こちらに寄って来た。

「あ、本当だ!イルカだ!」

ルリ子は、大声で叫んで、デジカメで寄って来るイルカたちの写真を撮り始めた。

斎藤智さんの小説「クルージング教室物語」はいかがでしたか。

横浜マリーナでは、斎藤智さんの小説に出てくるような「大人のためのクルージングヨット教室」を開催しています。

Comments

Comments are closed.

こちらのページもよくご覧になられています

 

Widgets

Scroll to top